FC2ブログ

MGドワッジ製作3~塗装編 フレーム塗装にはメカサフが重宝いたします~

「MGドワッジ進捗です。表面処理完全に終わっていませんが塗装工程にも突入しております」
CIMG6068.jpg
さすがマスターグレード!

なかなか手ごわいです・・・

なかなか終わらないヤスリ作業・・・

外装に大きい面が多いのでついスジ彫りしたくなる衝動・・・

でも実際手を付けると進度の遅さにゲンナリして彫り出したことを後悔している日々が続いています・・・

まあただ濃色部分とかフレーム部分にはスジ彫りなどの手を施すことが少ないので、出来たところから塗装を行っています。

今回はフレーム&武器塗装・・・
CIMG6078.jpg
CIMG6077.jpg
分かりにくいですがバズーカ一部と腕間接部品です。

これまた写真の精度悪くて分かりにくいんですが実は色が違っています。

間接・・・メカサフへヴィ
バズーカ・・・メカサフスーパーへヴィ

で使い分けしてみました。

色合い的にはドワッジは全てへヴィの方かな?と思いましたが、少し変化をつけたいというホント気まぐれで2色使ってみました。

とにかくメカサフは隠ぺい力が強くてしっとりつや消しのいい感じになるのでフレームとかはこれ1発で終わりです。

かなり重宝しており、塗料の中でも使う頻度が一番多いかもしれませんね~

あと少し色付き部分も塗装しました
CIMG6076.jpg
CIMG6074.jpg
レッド部はヤクトドーガから使ってる赤の残り物・・・

オレンジ?部はイエロー中心にハーマンレッドで調色しました・・・

同じ色は作れないかと思います。

メインカラーのサンドカラー部分も・・・
CIMG6075.jpg
すごいグレーっぽいですが照明の影響が大きいように思います。実際はもう少し黄色い雰囲気ですね~

とか言いながらスジ彫りも並行して彫っています・・・
CIMG6073.jpg

なんだかんだで結構進んだかな?

ラストはまで後回しにしていた難関、脚部スカート部が残っています・・・

早く手を付けねば・・・

MGドワッジ製作2~スジ彫り→サフ吹き→そしてヤスリ・・・~

「MGドワッジ進捗です。出来たとこからチョコチョコ進めています」
CIMG6068.jpg
ドワッジ作成中・・・

ひたすらヤスリを行っていますが、併せてスジ彫りもやっています。

特に淡色部分にスジを彫って、濃色部分はあまり目立たないしそこまでやらないでおこうと思っていましたが・・・
CIMG6070.jpg
CIMG6069.jpg
胸部パーツと腰スカート部、肩部にアシンメトリーモールドを追加しました!

濃色と言っても黒で塗装するわけではありません。濃いグリーンORグレーになるはずです。それなら多少なりともスジが映えるのでは?と思いダメ元で彫ってみました。

失敗かなと思ってもそこまで目立たんし・・・

併せてサフも吹きました。

濃色部はグレー

淡色部はブラック

隠ぺい力が低そうなレッド、オレンジ部はグレーにてサフしました。
CIMG6071.jpg
CIMG6072.jpg

間接部分や武器類はガイアノーツのメカサフで仕上げようと思っています。

カメラの画像の質感がオカシイなと思っていたらなんか絵画モードみたいになってました。見にくくて申し訳ありません・・・

MGドワッジ製作1~黙々とヤスリ&スジ彫り&合わせ目消し・・・~

「MGドワッジ進捗です」
CIMG6068.jpg
製作開始!

MG、そして大きいということもありそれなりに覚悟をして作業に取り掛かっております

合わせ目が一部あるので接着のみ行っています。肩部と肩内部ボール状パーツ、ラケーテンバズーカに合わせ目があります。

バズーカ本体以外の小さいサイズのパーツは早速ヤスリ作業も行っています
CIMG6064.jpg
CIMG6065.jpg
なんとか消えてると思うので残り分もやってしまいます・・・

しかし肩部分パーツ・・・早すぎたのか?きちんと合わせ目消えていない・・・

つめで撫でてみても引っかかるくらい消えてない・・・

という訳で瞬接にて穴埋めを行い、再度乾燥します・・・
CIMG6067.jpg
そして今回はスジ彫りも追加しようと思っています。

濃色パーツにもスジを彫るかは思案中もサンドカラー?部分の黄土色部分は積極的にスジを彫りたいと思っています。
CIMG6066.jpg
おなじみのアシンメトリーモールドです。

結構時間がかかりそうだ・・・


MGドワッジ製作~ジオンの大物登場!とりあえず素組レビュー&製作プランを考える~

「プレバンからMGドワッジが到着いたしました」
CIMG6061.jpg
早速作り出していますが、上半身から・・・

特にMGドムを作ったことがないので変更点とかは分かりません・・・

合わせ目は肩パーツの中の丸いのも肩アーマーも分割線がぱっくり出ています。ここは難易度も低そうなので是非しておきたいところ。

そしてお初なのがエモーショナルマニュピュレーター?用は手ですけどこれ凄いですね~

特に組み付けることなく間接まで細かく可動します。あまりにリアルすぎて変な方向に曲げること自体抵抗を感じてしまいます。

バックから・・・
CIMG6062.jpg
特に背部のバーニア?らへんに特徴があり見にくいですが中身部分までディテールがあります。

ここらへんもチラ見せできるような作り方をしたいなと思案中・・・

下半身はすでに全部組み付けてしまうと外すのが面倒と判断して中途半端にしか組んでいません。
CIMG6063.jpg
広い曲面多数で何かディテール追加したい衝動に駆られていますが、曲面は難しいんですよね~

武器はサーベル、アックス、ジャイアントバズそしてドムの名残でラケーテンバズーカが付いています
CIMG6060.jpg
ここもきちんと作っていきたいなと思っています。ただし、ラケーテンバズは合わせ目満載なので消す必要があるかと思います。

今回やりたいこと

・合わせ目消し
・新規モールド追加
・汚し塗装


をやっていきたいと思います。

既に盛りだくさん感があるので途中で挫折して、ないことにしてしまうかもしれません・・・



HGUCジムキャノン(空間突撃仕様)~スペースアサルトタイプ・・・完成!~

「ジムキャノンが完成しましたのでご報告いたします」
IMG_6049.jpg
プレバンで発売されたジムキャノン空間突撃仕様が完成しました。

完成度激高のMSDシリーズのジムです。出来が悪いわけがありません。

よって今回は至ってシンプルに・・・

主に作業したこと

・合わせ目消し
頭部、ビームスプレーガン、キャノンを合わせ目消しをしています。武器は多少ディテール込みのため難易度上がりますが、基本後ハメとかもしていません。
・エッジ出し
エッジ中心にカドを立たせるイメージでヤスリしています。ジムなのでそれなりにカチカチしておりエッジ出し効果はある方だと思います。
・グレーサフから本塗装
前回のヤクトドーガの教訓を活かし、レッドやホワイトでの塗装の下地は従来のグレーサフを使いました。重ね塗りの回数減少で塗膜が薄くなったような気がします。

プレバンならではのプレミアム感あり!オリジン系ジムのコスパは個人的にはトップレベル・・・S
最近ずっとですがプレバン機体ばかり作っていますが、前回のヤクトドーガの件もあってか、作りがシンプル且つ完成度高い。そして安いっていうキットです。プレバンということや一般販売済みのオリジン系ジムのマニアックさからさらに価値を感じます。買ってよかった~!
IMG_6051.jpg

スタイル、可動、共に最強レベル!ちょっとの手間で完成度は格段に上がる度・・・S
散々言っていますが、可動はメチャクチャ動かしやすくて、立たせやすい。さらに可動範囲も抜群。少し細身でヒロイックな雰囲気です。HGの割りにディテールや色分けもしっかりしています。
IMG_6056.jpg

完成度が高い故に技術介入度が低い・・・C
完成度が高く、ディテールがいいので特に手を入れることなくかなりのクオリティのものが出来上がります。私も今回やった作業としては合わせ目消しと既存モールドの彫りなおし程度です。新規モールド追加のスペースはないし、プラスして増やす改造する技術は私にはありません。よって私みたいな未熟者でもそれなり仕上がりになりかなり満足できるはずです。
image1 (43)
image1 (44)

もう一度作りたい度・・・A
HGの作りの簡単さとフレームありの構造など、RGにも対抗できるような綿密さ。反面、RGのパーツの多さはないのでポロリなどの心配なく、ゴリゴリ可動します。正直、RGの存在意義に疑問を感じるほどの出来の良さです。νガンダムなどRGに超人気機種のラインナップが控えていますが、個人的にはRGを製作する可能性はほぼなくなったと思っています・・・これだけサクッといいものが出来るなら当然また作りたい!
image1 (42)

以上ジムキャノン(空間突撃仕様)スペースアサルトタイプ製作でした~!

製作工程はこちら

次はまたジオンの大物いきます・・・!

プロフィール

アリツネ

Author:アリツネ
窓際アラフォーサラリーマンです
<趣味>
◆ガンプラ
制作した中で一番好きなガンプラ・・・MGジェガン
◆ガンダム
好きなMS・・・バンシィに一目惚れ

製作ガンプラは全てヤフオクにて販売しております。不定期にて出品しておりますので機会がありましたらお探しいただければと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

検索フォーム