FC2ブログ

1/100シュヴァルベグレイズ製作3~スジボリ編~

「シュヴァルベグレイズの広い面にスジボリを追加していきます」

本日のガンプラ:1/100シュヴァルベグレイズ

本日の道具MVP:スジボリ堂BMCタガネ0.125

今日はスジボリしますよ。

F91では新規モールド全く増やさず・・・

でもこのシュヴァルベグレイズせっかく安くで買ったし攻めたことしたい・・・

手間との関係もありますがスジボリくらいはやりますよ~

特に気になったのは肩パーツと膝パーツ

肩パーツは無難に直線スジ彫っただけですが、膝は左右非対称モールドを追加してみました。
CIMG5126.jpg
CIMG5130.jpg
CIMG5131.jpg
今回は写真のようにすべての面に1mm穴をドリルで開けました。
CIMG5125.jpg

これ意外に簡単でスジボリの出発点(終着点)にできるっていう大きなメリットが・・・

どこからどこまでスジ引くっていうてもはみ出たり、当たりつけても埋まったり・・・

って難しいときありますよね?でも1mm穴はさすがに超えてはいかない・・・

心置きなくスジボリオーバーランできますよ

だいたい彫って、表面ヤスって、エッジ出し終わったパーツからザッと組んでみる・・・
CIMG5132.jpg

オルフェンズシリーズの機体ってシルエットがメチャカッコいいですよね~

細身で手長、脚長・・・S字立ちしやすいです。

しかも今オルフェンズの第2期見てるもんやから余計に・・・

獅電がメチャカッコよくて積みたい欲がMAXです!1/100は出ないのかな?2、3体は作りますよ~

1/100シュヴァルベグレイズ製作2~久しぶりに触りました・・・~

「今日はプラ板で肉抜き穴を埋めてみました」

MGのF91製作も完了し、ガルバルディβ発売までは少し時間あるので製作途中だったシュヴァルベグレイズの製作を再開します!(そしてガルバルディが出たらまた止まってしまうだろう・・・)

本日のガンプラ:1/100シュヴァルベグレイズ

本日の道具MVP:MrセメントSP

どこまで作ってたかそもそも覚えてない・・・
CIMG5121.jpg
おっ!フレームの処理は終わってる・・・

あ、そうや!フレームだけでも塗っておこうとフレーム優先で処理したんだった・・・結局塗ってすらないけど・・・

いきなり外装いけそうなので早速処理していきます。

さすが1/100だけあって広い面にモールドが結構入ってます。ヒケあるのでモールド彫りなおししながらヤスリします。

両腕の裏の肉抜き相変わらず大きく開いてますのでここを埋めることにします。

まずプラ板(0.3mm)を用意。穴埋まる程度の大きさにカット
CIMG5122.jpg
あとは押さえながら流し込みタイプのセメント流し込みます

MrセメントSPは速乾性とのことでしたがとりあえず1日置きました
CIMG5123.jpg
あとはカットしてヤスリするだけ・・・色が違うのできちんと埋まっているかはわかりにくいですが、接着剤のキラキラ部分が消えていればOKと判断します。

目立ちにくいところではあるけど、ポージングの最中で突然気になるのもいやなので埋めました。

以上プラ板を使った肉詰めのレビューでした~

シュヴァルベグレイズ1/100製作1~ヤマダデ・グレイズ誕生!!~

先日暇つぶしに近所の家電量販店にガンプラを物色しにいくと・・・


マジで安い!
人気ねえのかな?

本日のガンプラ:1/100シュヴァルベ・グレイズ

本日の道具MVP:ガイアノーツマイクロセラブレード

実は私、既にグレイズを2体作ったことあるんですがその時も中古おもちゃ屋さんで1000円で購入したんですよね~

今回はこんなところで66%OFFっていいのですか?

これ結構良キットなので思わず購入。でも今回はグレイズじゃなくてこっちにしました

シュバルベ・グレイズ改め

ヤマダデ・グレイズ
CIMG4974.jpg

※某有名家電量販店○○デンキから抜粋したかどうかは不明ということで・・・

オルフェンズシリーズ1/100シリーズは基本的にフレームが

ガンダムフレーム

グレイズフレーム


があり、ほとんどこれ。他のMGシリーズに比べるとかなり組み立てが簡素化されており、外装パーツを被せる際にも、内部フレームの露出が大きいと思います。作り方はすごく簡単なのでHGシリーズのみしか作ってない方でも作りやすいキットです。

私も3体目ということもありフレームはどこがネックなのか?どこが露出するのかなどおおよそ把握できているつもりなのでそれを踏まえてプラン立てます。

グレイズシリーズ一番の敵はパーティングライン!!

このキット特にフレームパーツパーティングラインひどいんですよ~
CIMG4975.jpg

あとフレームの軟質プラとパーティングラインの組み合わせがなかなか小賢しい・・・

パーティングラインは硬いプラのほうが処理しやすいと思いませんか?

今回パーティングライン用に新型道具を投入

手順としては

1、おおまかにヤスリで処理。

2、細かい部分などマイクロセラブレードを使用

3、スポンジやすりなどで整える

って感じです。グレイズと微妙に違うところなんかもあって面白いです。

処理後
CIMG4976.jpg

まだオルフェンズシリーズのデカールもたくさんあるし、正規のカラーで作っていきましょうかね

プロフィール

アリツネ

Author:アリツネ
窓際アラフォーサラリーマンです
<趣味>
◆ガンプラ
制作した中で一番好きなガンプラ・・・MGジェガン
◆ガンダム
好きなMS・・・バンシィに一目惚れ

製作ガンプラは全てヤフオクにて販売しております。不定期にて出品しておりますので機会がありましたらお探しいただければと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

検索フォーム