FC2ブログ

MGドワッジ製作1~黙々とヤスリ&スジ彫り&合わせ目消し・・・~

「MGドワッジ進捗です」
CIMG6068.jpg
製作開始!

MG、そして大きいということもありそれなりに覚悟をして作業に取り掛かっております

合わせ目が一部あるので接着のみ行っています。肩部と肩内部ボール状パーツ、ラケーテンバズーカに合わせ目があります。

バズーカ本体以外の小さいサイズのパーツは早速ヤスリ作業も行っています
CIMG6064.jpg
CIMG6065.jpg
なんとか消えてると思うので残り分もやってしまいます・・・

しかし肩部分パーツ・・・早すぎたのか?きちんと合わせ目消えていない・・・

つめで撫でてみても引っかかるくらい消えてない・・・

という訳で瞬接にて穴埋めを行い、再度乾燥します・・・
CIMG6067.jpg
そして今回はスジ彫りも追加しようと思っています。

濃色パーツにもスジを彫るかは思案中もサンドカラー?部分の黄土色部分は積極的にスジを彫りたいと思っています。
CIMG6066.jpg
おなじみのアシンメトリーモールドです。

結構時間がかかりそうだ・・・


MGドワッジ製作~ジオンの大物登場!とりあえず素組レビュー&製作プランを考える~

「プレバンからMGドワッジが到着いたしました」
CIMG6061.jpg
早速作り出していますが、上半身から・・・

特にMGドムを作ったことがないので変更点とかは分かりません・・・

合わせ目は肩パーツの中の丸いのも肩アーマーも分割線がぱっくり出ています。ここは難易度も低そうなので是非しておきたいところ。

そしてお初なのがエモーショナルマニュピュレーター?用は手ですけどこれ凄いですね~

特に組み付けることなく間接まで細かく可動します。あまりにリアルすぎて変な方向に曲げること自体抵抗を感じてしまいます。

バックから・・・
CIMG6062.jpg
特に背部のバーニア?らへんに特徴があり見にくいですが中身部分までディテールがあります。

ここらへんもチラ見せできるような作り方をしたいなと思案中・・・

下半身はすでに全部組み付けてしまうと外すのが面倒と判断して中途半端にしか組んでいません。
CIMG6063.jpg
広い曲面多数で何かディテール追加したい衝動に駆られていますが、曲面は難しいんですよね~

武器はサーベル、アックス、ジャイアントバズそしてドムの名残でラケーテンバズーカが付いています
CIMG6060.jpg
ここもきちんと作っていきたいなと思っています。ただし、ラケーテンバズは合わせ目満載なので消す必要があるかと思います。

今回やりたいこと

・合わせ目消し
・新規モールド追加
・汚し塗装


をやっていきたいと思います。

既に盛りだくさん感があるので途中で挫折して、ないことにしてしまうかもしれません・・・



HGUCジムキャノン(空間突撃仕様)~スペースアサルトタイプ・・・完成!~

「ジムキャノンが完成しましたのでご報告いたします」
IMG_6049.jpg
プレバンで発売されたジムキャノン空間突撃仕様が完成しました。

完成度激高のMSDシリーズのジムです。出来が悪いわけがありません。

よって今回は至ってシンプルに・・・

主に作業したこと

・合わせ目消し
頭部、ビームスプレーガン、キャノンを合わせ目消しをしています。武器は多少ディテール込みのため難易度上がりますが、基本後ハメとかもしていません。
・エッジ出し
エッジ中心にカドを立たせるイメージでヤスリしています。ジムなのでそれなりにカチカチしておりエッジ出し効果はある方だと思います。
・グレーサフから本塗装
前回のヤクトドーガの教訓を活かし、レッドやホワイトでの塗装の下地は従来のグレーサフを使いました。重ね塗りの回数減少で塗膜が薄くなったような気がします。

プレバンならではのプレミアム感あり!オリジン系ジムのコスパは個人的にはトップレベル・・・S
最近ずっとですがプレバン機体ばかり作っていますが、前回のヤクトドーガの件もあってか、作りがシンプル且つ完成度高い。そして安いっていうキットです。プレバンということや一般販売済みのオリジン系ジムのマニアックさからさらに価値を感じます。買ってよかった~!
IMG_6051.jpg

スタイル、可動、共に最強レベル!ちょっとの手間で完成度は格段に上がる度・・・S
散々言っていますが、可動はメチャクチャ動かしやすくて、立たせやすい。さらに可動範囲も抜群。少し細身でヒロイックな雰囲気です。HGの割りにディテールや色分けもしっかりしています。
IMG_6056.jpg

完成度が高い故に技術介入度が低い・・・C
完成度が高く、ディテールがいいので特に手を入れることなくかなりのクオリティのものが出来上がります。私も今回やった作業としては合わせ目消しと既存モールドの彫りなおし程度です。新規モールド追加のスペースはないし、プラスして増やす改造する技術は私にはありません。よって私みたいな未熟者でもそれなり仕上がりになりかなり満足できるはずです。
image1 (43)
image1 (44)

もう一度作りたい度・・・A
HGの作りの簡単さとフレームありの構造など、RGにも対抗できるような綿密さ。反面、RGのパーツの多さはないのでポロリなどの心配なく、ゴリゴリ可動します。正直、RGの存在意義に疑問を感じるほどの出来の良さです。νガンダムなどRGに超人気機種のラインナップが控えていますが、個人的にはRGを製作する可能性はほぼなくなったと思っています・・・これだけサクッといいものが出来るなら当然また作りたい!
image1 (42)

以上ジムキャノン(空間突撃仕様)スペースアサルトタイプ製作でした~!

製作工程はこちら

次はまたジオンの大物いきます・・・!

HGUCジムキャノン製作4~塗装完成→デカール&スミ入れ。完成か!?~

「ジムキャノンがそろそろ完成しそうです・・・ヤクトドーガと違ってサクっと出来上がります」
CIMG6047.jpg
前回外装塗装を行いましたが今回は残りの塗装をとデカール貼りなどを行っています

間接部分のグレーとバーニアなどの小物類のメタリック塗装・・・

クリアパーツなどを塗装しスミ入れも行いました

赤や黄色パーツにブラウンでのスミ入れは個人的に大好きな組み合わせです。

逆に白パーツにグレーや黒のスミ入れは好きではない(スミの色が未だにしっくりこない・・・)のでしておりません・・・
CIMG6040.jpg
CIMG6041.jpg
ガンダムデカール連邦版などを適当に貼っつけています

ラインシールは同梱のマーキングシールを使用しています。

連邦マークなどのシールも同梱マーキングシールを使おうかと思いましたが厚みや余白がどうしても気になり水転写にしました・・・
CIMG6045.jpg
CIMG6043.jpg
少しミスったのはトップコートがまだにもかかわらず、ブルーのクリアパーツを組みこんでしまったところ・・・

イメージ掴むためにと置いてみて胴体に接続しようとしたらきれいに嵌ってしまいました。

最後マスキングとかしなくてはいけなくなりました。

面倒ですが仕方ありません。

しかしこのジムキャノン、本当にサクッと完成し、このクオリティ・・・かなり満足しております!

次回は完成報告できるかと思います・・・

完成報告はこちら

HGUCジムキャノン製作3~塗装編、何色に塗装するか・・・?丁度ヤクトドーガの塗料が・・・~

「ジムキャノンの塗装工程に突入しています。サフ~外装塗装、赤色」
CIMG6030.jpg
ジムキャノンの製作を進めております。

ヤクトドーガのように鈍足作業ではなく、今回のジムキャノンはかなりサクサク進んでいる感・・・

あまり手を入れていないっていうのも理由としてはありますが、作りやすいっていうのも大きな理由かと思います。

前回のヤクトドーガの反省を踏まえ、今回はサフをグレーで行いました。

特に赤色は隠蔽率が低く、下地の影響を受けやすい・・・

最近ハマッていた黒サフで赤塗装はかなり塗膜が厚くなってしまいます。

よって今回は久しぶりに通常のグレーサフを使用しました。

そしてジムキャノンに使用している赤は・・・

前回のヤクトドーガで使用した赤を使います!

少し寂れた感がマッチする・・・っていうのは言い訳で単にあまっているからです。

こういう感じでカラーを決めてはいけないんでしょうが、これが意外にヒットすることもある・・・と信じています!

同梱のホイルシールをマスキング代わりに使い、赤で塗装しました。

ちなみに右胸、バズーカ土台パーツなどの黒系部分はネイビーブルーで塗装しています
CIMG6032.jpg

ざっとスミイレも行いました。

腰パーツなどです。連邦エンブレムをゴールドに塗りわけ。ついでに足裏も・・・
CIMG6031.jpg

白パーツも塗装したので本当にサクサクです・・・
CIMG6029.jpg

残りフレームパーツ塗装と合わせて、デカール貼りなども進めていこうと思います。

HGUCジムキャノン製作2~表面処理、仮組み、ヤスリがけ、塗装準備~

「ジムキャノンを作っています・・・あまり手を入れるところが・・・」
CIMG6026.jpg
ジムキャノン進捗です。

前回素組みから合わせ目消しを行い、表面処理に移行したわけですが・・・

なんせオリジン系ジムは出来がいいのであまり手を入れるところがありません。

前回スナカス作ったときにも思いましたが、ディテールもかなり入っており、例えばスジ彫りスペースはないなあとか思っていました。

今回もやりながら付けたしたくなったらなんか入れていこうと思っていました。

なんだかんだで全体ヤスリ完了~!
CIMG6024.jpg
一部組み付けしておりませんがなかなかいい感じ・・・

既存モールドの彫りなおしくらいしかしていません。
CIMG6027.jpg
少しメタルパーツ用くらいに穴でも開けてサッサと塗装工程に移りたいですね~
CIMG6028.jpg
相変わらずの鬼可動でこんなポーズも問題なし!

カラバリもこのまま正規カラーで塗装しようかと思っています。

なんか超平凡なストレート作業になってしまいそう・・・

HGUCジムキャノン(空間突撃仕様)製作~スペースアサルトタイプ!?響きが抜群にカッコいい!~

「プレバンから届いたジムキャノンを製作します~!仮組みから合わせ目消しをしました」
CIMG6022.jpg
長いヤクトドーガ生活が終了し、ひと段落つきました。

さて次は何を作ろうか?と迷っていましたが、4月にはまたプレバンが届く予定なのでプレバンを進めていきます

かねてから楽しみにしていたジムキャノン・・・
CIMG6023.jpg
何が楽しみって、オリジンMSDシリーズのジム系キットの出来の良さは折り紙つき!

以前に作ったスナカスでかなり衝撃を受けました。

可動や組みやすさやディテールの細かさなどかなりのクオリティでRGがもはや不要なレベルと言っても過言ではありません。

さらに今回はジムキャノン(空間突撃仕様)→スペースアサルトタイプ!といった超カッコいいネーミングがついています。

早速作っていきますが、元々のディテールもしっかりしているので手もほどほどに入れていきます。

合わせ目消しを行いました・・・

頭部:前後合わせのため横にパックリ合わせ目が・・・耳当て部分は分割なしのためそのままでもいいかもしれませんが、他に噛ますパーツもなく難易度は低いのでサクッと接着し、ヤスリを行っています
CIMG6020.jpg

武器類:肩キャノンは全体ではなく一部合わせ目目立ちます。先に可動部を挟みこんで合わせ目を消しました。ビームスプレーガンは合わせるだけ・・・パーティングラインも多いのでエッジ出しと合わせてヤスリを行っています
CIMG6019.jpg

といった感じでチマチマ進めています。
CIMG6021.jpg
残りこれだけヤスリしていきますが、結構ディテールも多いのでヒケ処理やエッジ出し中心に行います・・・腰部エンブレム、胸部ハッチ部分の色分けどうしようか・・・!?


REヤクトドーガ(クェス・エア専用)~完成報告~

「クェス専用ヤクトドーガが完成いたしました~!」
IMG_6000.jpg
少しガンプラ製作等サボっており、かなりヤクトドーガの完成も遅れていってしまいました。

先日やっと完成し、ご報告を行いたいと思います。

◎主にやった作業内容

1.合わせ目消し(後ハメ加工)
肩、かかと、武器の一部の合わせ目消し(後ハメ加工をしました。)脚底部やガトリング本体、脹脛部など、合わせ目消し難易度が上がりそうな場所はそのままになっています。併せてヤスリにてエッジ出し表面処理(パーティングライン消しやヒケ処理など)を行いました
image1 (39)
2.新規モールド追加(アシンメトリー仕様)
新規モールドは頭部、胸部パーツ、左右ファンネルコンテナ、脛部、腰部全体にモールドを追加しております。基本的にアシンメトリーで彫っており、特に腰部のスジ彫りは気合いを入れました。L字モールドや既存モールドの彫りなおしも行っております。エッチングパーツ&BMCタガネを使用。
image1 (36)
3、黒下地塗装から本塗装
基本的に黒サフを使っています。今回は隠ぺい力が低い色が多いので黒サフからの塗装は少し難儀しました(なかなか発色してくれない)一部塗り分け要のパーツがありマスキングにて対応しております。お尻バーニアやシールドゴールド部。シリンダーやパイプなどをメタリック塗装にて塗り分け。バーニアは外側と内側で別パーツだったので違う色で塗っております。最終つや消しトップコート(スーパースムース)を行っておりますが、メタリックパーツなどはツヤ消してません

あと細かい部分でメタルボールの追加やモノアイやガトリングスコープの置換などを行っています。

プレバンREでこのデカさ!流石CCA機体でボリューム満点!お値段以上のキット度:A
箱もデカイしキットもデカイ!普通の1/100と比べても一回り大きくてかなりボリューミーです。別売りのプレバンMGギラドーガと組み合わせてUC版ヤクトドーガも作れるキットが同梱します。今回は使いませんでしたがギラドーガへの誘導など、バンダイは商売上手です。
IMG_6017.jpg

スタイルは迫力満点!これ作ると達成感は半端ない!おなか一杯になります度:A
大きいキットなので一つのパーツがかなり大きいです。当然表面処理などの作業面積も大きくなり、正直下処理は面倒です。しかしその分達成感はすごいですね~ガンプラ作った感は歴代でもかなり上位クラス!!広い平面が多く、スジ彫りやデカールなどディテールアップのしがいもあります
IMG_6009.jpg


ポージング難易度高!ファンネルの塗装剥げが少し心配度:C
大きいが故に重量も結構あります。足も大きいので自立には全く問題ありませんがポージングする際には少し大きい足が玉にキズです。ファンネル展開時などのポーズやファンネル射出用の透明プラも同梱されているのでいろいろ動かしてはみたいのですが・・・脚の間接強度が少し弱いのが残念なところ・・・
image1 (37)


もう一回作りたい度:C
かなり満腹!おなか一杯になるキットです。ヤクトドーガ好きなのでギュネイ専用もタイミング合えば作ろうかと思ったりしていましたが、今のところ作る予定は白紙になりました。他に作りたいキットや待ってるキットたくさんあるしね~!まあ満足感はすごくあるのでおススメであります。
image1 (34)


次はもちろんHGが作りたい!!

ヤクトドーガ製作工程

プロフィール

アリツネ

Author:アリツネ
窓際アラフォーサラリーマンです
<趣味>
◆ガンプラ
制作した中で一番好きなガンプラ・・・MGジェガン
◆ガンダム
好きなMS・・・バンシィに一目惚れ

製作ガンプラは全てヤフオクにて販売しております。不定期にて出品しておりますので機会がありましたらお探しいただければと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

検索フォーム