FC2ブログ

MG量産型百式改~完成報告!百式&百式改・・・楽しすぎる!~

「百式改が完成いたしましたのでご報告いたします」
IMG_6182.jpg
梅雨で大幅に塗装に時間がかかっていましたがとうとう完成いたしました!

今回のキットはプレバンから発売の量産型百式改。

要はMG百式2.0ですが、今回塗装をしたかったので通常販売のキレイなゴールドを避けるためにこれを買いました!

百式2.0がそもそも名キットで涙が出るほどカッコいいです。

よって特に大きく手を入れることなく、できるだけオーソドックスに、普通に、余計なことはしない・・・

といったコンセプトで作っています。

主に行ったこと
・ゲート処理とパーティングライン消し
・ゴールド塗装は映えさせるためにゴールド以外塗装はつや消しに・・・
・フレーム露出部が多いのでフレーム塗装も一部メタリック使用・・・
・目のバイザーやセンサー類にオーロラグリーン(偏光タイプ)を初採用!
IMG_6189.jpg
では完成レビューを行います。

プレバンなのに量産型・・・でももちろん百式にも変身できてお買い得度・・・A
私が今回プレバンの量産型百式改を選んだ理由は塗装の下処理がラクそうだったから・・・金メッキなんてどう扱えばいいか分からんし通常版は既にキレイでわざわざ作る必要性もなさそう・・・量産型だけどもちろん通常の百式にもできるからかなりお買い得感ありです。
IMG_6196.jpg
王道のカッコよさ!主役機を喰う勢いが百式にはある!・・・S
MSの中で一番好きなのは?と聞かれて百式と答えるのはベタすぎて気が引けていました。しかしこのMGは凄いです!主役であるZガンダムは作ったことないけどクワトロ機の百式がナンバーワンでしょ!
IMG_6187.jpg
百式→百式改の変身は結構簡素・・・いろいろ動かせて楽しい度・・・A
実際のところ百式から百式改にするには頭、肩の交換とムーバブルフレームの取り外しのみです。簡単なので何度も行ったり来たりしてしまいます。楽しいですね~!スタイルは細く、干渉する部分も少ないのでそれなりにガシガシ動かしても問題なさそうです。動かす際に内部フレームの伸縮なども露出しているのでそこも見どころですね~
IMG_6172.jpg
もう一度作りたい度・・・C
量産機ですが私にとってはそうではありません。元のキットが良すぎて手を加えることで劣化しそうで怖いです。もう一度作りたい気もしますが同じ仕上がりになりそう。違いを出せるとしたら金色のバリエーションを変えるくらいか?個人的も目のオーロラシールはヒットでした!懸念点としてはパーツがMGの割りにすごく小さいので紛失に気をつけましょう・・・
IMG_6195.jpg

以上量産型百式でした~!

作っているのも楽しかったですが、一番重きを置いたゴールド塗装を梅雨に悩まされました・・・

フェネクスから続くゴールド塗装シリーズでしたが、これだけ金を塗ればもうゴールド塗装は怖くないですね~!

むしろゴールドで塗りたい!

百式改製作工程はこちら

MGドワッジ完成報告

「ドワッジが完成いたしましたのでご報告いたします」
IMG_6113.jpg
今回はプレバンから発売されたマスターグレードのドワッジを製作いたしました

かなり前に発売されたMGドムの改良版ということで足関節など改善された模様・・・

とはいえ以前のドムを作ったことがないのでどう良くなったかどうかはわかりません・・・

主にやったこと

・合わせ目消し
外装では肩内部と肩パーツに合わせ目あり。特になにも考えることなく合わせ目を消しました。製作の段階で膝フレームにも合わせ目があったので消しています。余剰パーツとしてあったラケーテンバズーカにも合わせ目がありましたが、失敗してしまい、なかったことにしております・・・
image1 (46)
・新規モールド追加
全体的に新規モールドを追加しております。アシンメトリーに(適当にともいう)クランクモールドを追加しています。曲面パーツ多いですが、パーツ自体は大きいのでさほど難易度は高くありません。
IMG_6103.jpg
・本当は汚し塗装をする予定でしたが、仕上がりに結構満足していたこともあり汚し塗装はやめました。迷彩デカールやモノアイ置換などに重きを置き、お茶を濁しています・・・

プレバン特有のボリューミーな内容!改善点が多いが故に余剰パーツも満載・・・A
MGプレバンということでそれなりに高額プラモデルですが、初期モデルが約20年前キットということで改良点がたくさんあるようです。その代わりに元々あった大量の余剰パーツが付属しており、いろいろ改造したりできそうです。私の場合、せっかくのラケーテンバズーカを台無しにしてしまい、ゲンナリしております。今作品としてはラケーテンバズーカはないものとして考えています。
IMG_6112.jpg

大迫力のスタイル!さすがハズレなしのドム系キット!重量感は随一です!・・・S
なんといってもドワッジの魅力はこの重量感だと思います。ドムから引き継がれた重量感はドワッジでももちろん健在!ずんぐり感がドムより上で且ついろいろ装備がプラスされているので迫力はかなりインパクト大です!
IMG_6102.jpg

デカイが故にポージング幅は少ないのが残念・・・でも改善されている模様・・・C
特に足のパーツはスカートなど大きくてあまりポージングの幅はありません。足の開脚度が増したことなど、幅は増えている模様ですが・・・まあでも少し動かしただけでかなりのインパクトがあるので気にする必要もなしか・・・
IMG_6108.jpg

もう一度作りたい度・・・A
MGは基本的に一度作るとかなりおなかいっぱいになるのですが、このドワッジはかなり不思議な気分にさせられるキットでした。終わりが見えてくるといつもは達成感が勝ってしまい、最終弄るのが面倒になってしまうのですが、このドワッジに関しては、もう終わってしまうのか?といった寂しさを感じました。非常にパワフルな割りに作りやすいキットだと思います
image1 (47)

以上ドワッジ完成報告でした。

ドワッジ製作過程はこちらへどうぞ!

かなり失敗も多くしてしまい後悔はありますがかなり満足の仕上がりとなった気がします。

ここからMGラッシュ突入するかも~(多分途中でしんどくなってラッシュじゃなくなる可能性大)

HGUCジムキャノン(空間突撃仕様)~スペースアサルトタイプ・・・完成!~

「ジムキャノンが完成しましたのでご報告いたします」
IMG_6049.jpg
プレバンで発売されたジムキャノン空間突撃仕様が完成しました。

完成度激高のMSDシリーズのジムです。出来が悪いわけがありません。

よって今回は至ってシンプルに・・・

主に作業したこと

・合わせ目消し
頭部、ビームスプレーガン、キャノンを合わせ目消しをしています。武器は多少ディテール込みのため難易度上がりますが、基本後ハメとかもしていません。
・エッジ出し
エッジ中心にカドを立たせるイメージでヤスリしています。ジムなのでそれなりにカチカチしておりエッジ出し効果はある方だと思います。
・グレーサフから本塗装
前回のヤクトドーガの教訓を活かし、レッドやホワイトでの塗装の下地は従来のグレーサフを使いました。重ね塗りの回数減少で塗膜が薄くなったような気がします。

プレバンならではのプレミアム感あり!オリジン系ジムのコスパは個人的にはトップレベル・・・S
最近ずっとですがプレバン機体ばかり作っていますが、前回のヤクトドーガの件もあってか、作りがシンプル且つ完成度高い。そして安いっていうキットです。プレバンということや一般販売済みのオリジン系ジムのマニアックさからさらに価値を感じます。買ってよかった~!
IMG_6051.jpg

スタイル、可動、共に最強レベル!ちょっとの手間で完成度は格段に上がる度・・・S
散々言っていますが、可動はメチャクチャ動かしやすくて、立たせやすい。さらに可動範囲も抜群。少し細身でヒロイックな雰囲気です。HGの割りにディテールや色分けもしっかりしています。
IMG_6056.jpg

完成度が高い故に技術介入度が低い・・・C
完成度が高く、ディテールがいいので特に手を入れることなくかなりのクオリティのものが出来上がります。私も今回やった作業としては合わせ目消しと既存モールドの彫りなおし程度です。新規モールド追加のスペースはないし、プラスして増やす改造する技術は私にはありません。よって私みたいな未熟者でもそれなり仕上がりになりかなり満足できるはずです。
image1 (43)
image1 (44)

もう一度作りたい度・・・A
HGの作りの簡単さとフレームありの構造など、RGにも対抗できるような綿密さ。反面、RGのパーツの多さはないのでポロリなどの心配なく、ゴリゴリ可動します。正直、RGの存在意義に疑問を感じるほどの出来の良さです。νガンダムなどRGに超人気機種のラインナップが控えていますが、個人的にはRGを製作する可能性はほぼなくなったと思っています・・・これだけサクッといいものが出来るなら当然また作りたい!
image1 (42)

以上ジムキャノン(空間突撃仕様)スペースアサルトタイプ製作でした~!

製作工程はこちら

次はまたジオンの大物いきます・・・!

プロフィール

アリツネ

Author:アリツネ
窓際アラフォーサラリーマンです
<趣味>
◆ガンプラ
制作した中で一番好きなガンプラ・・・MGジェガン
◆ガンダム
好きなMS・・・バンシィに一目惚れ

製作ガンプラは全てヤフオクにて販売しております。不定期にて出品しておりますので機会がありましたらお探しいただければと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

検索フォーム